FC2ブログ

最新・旬の情報をお送りするサイト。最近はiPod・PSPが多いですが。
Come on one click!!
     

今、管理人が最も稼いでいるサイト「 POINT PAY 」です、詳細はこちら、管理人は一日に1000円以上の成果を上げています。登録は早いほうがいいですよ。
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - POINT PAY

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

POPSLoader for CFW 3.80 M33 v2 

POPS の再現性はシステムソフトウェアのバージョンによって異なり、必ずしも最新バージョンが良いとは言い切れない部分があります。POPSLoader は、最も再現性の良いシステムソフトウェアバージョンのコアを使用して POPS を起動するための CFW 用プラグインです。3.80 M33 Popsloader のダウンロードは Dark_AleX 氏のオフィシャルサイト ( http://www.dark-alex.org/ ) から。

CFW 3.80 M33-3の更新履歴からもわかりますが、POPSLoader を使用するためには、CFW 3.80 M33-3 以降である必要があります。CFW 3.80 M33-2 以前のバージョンでは動作しません。

■主な変更点■

・version1 で スリープできなかったバグの修正です。


■準備するもの■
・CFW 3.80 M33-3以降を導入済みのPSP⇒まだの方はパンドラバッテリー等を使ってダウングレード後導入してください。
Popsloader v2 for CFW 3.80
・導入したいバージョンの公式FW
M33 NewPsardumper for 2.xx - 3.xx kernel with EBOOT
(パスワード:PSARDUMPER_FOR_NEW_AGE)

■導入方法■
?.メモリースティックに各データを配置

1.Popsloader v2 for CFW 3.80をダウンロード→解凍。

2.解凍後のフォルダ「seplugins」をメモリースティックのルートフォルダへコピーしてください。
※しかし、すでに「seplugins」のフォルダが存在していて、何かPOPS用のプラグインを導入している場合は、「pops.txt」のファイルは上書きせずに、

ms0:/seplugins/popsloader.prx


と、追記してください。

3.そして、Popsloader側の「seplugins」フォルダに入っていたその他のファイル(popsloader.prx、popsloaderフォルダ)を、メモリースティック側の[seplugins]へコピーしてください。

4.M33 NewPsardumper for 2.xx - 3.xx kernel with EBOOTをダウンロード→解凍。

5.解凍後に出てきた、「newpsardumper」を、メモリースティックの「PSP」→「GAME」フォルダへ入れます。そして、メモリースティックのルートフォルダには導入したい公式FWの「EBOOT.PBP」を置いてください。

?.POPSを有効にする
1.PSPから、メモステ内のゲームを起動するのと同じ要領で「NEW PSAR DUMPER」を起動します。
そうすると黒い画面で英文が出てくるので、「square(□ボタン)」を押して全てのファイルを展開してください。しばらく待つと、XMB画面に戻ります。(PSP使用はとりあえずここまで)

2.展開後、メモリースティックのルートフォルダに「F0」フォルダが出来ているので、その中からFWのバージョンに合ったファイルを取り出していきます。

【FW 3.00?FW 3.03】
「kd」フォルダ内、「popsman.prx、meaudio.prx、pops.prx」
「vsh」→「module」フォルダ内の「pafmini.prx」

【FW 3.10?FW 3.30】
「kd」フォルダ内、「popsman.prx、pops.prx」
「vsh」→「module」フォルダ内の「pafmini.prx」

【FW 3.40?FW 3.72】
「kd」フォルダ内、「pops.prx、popsman.prx」
「vsh」→「module」フォルダ内の「libpspvmc.prx、pafmini.prx」


3.取り出した各ファイルの名前に、使用するバージョンを入れて変更します。
(例:3.71なら、pops.prx→pops371.prxへ変更)

4.全てのprxファイルをリネームしたら、メモリースティックの「seplugins」フォルダ内にある「popsloader」フォルダへprxファイルを入れてください。

5.「Rボタン」を押しながらPSPを起動しリカバリーモードへ。
plugins→「popsloader.prx[POP]」で×ボタンを押して「Enabled」にしてください。

6.その後、初めてPS1ソフト(POPS)を起動する際に黒い画面に文字が出るので、導入したバージョンを選択してください。

※ちなみに、「Original from flash」は、PSPに導入しているバージョンということです。(この場合、CFW 3.80)

また、PopsLoaderのバージョンを変えたいときは、
POPS(PS1ソフト)を起動する際に、この画面が出てくるまで「Rボタン」を押していれば変更できます。
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 20:25 ] POPSLoader v2 | TB(0) | CM(0)

PSPセーブデータ改造ツール 「らぼこ」 

らぼこ
ゲーム改造ツール「らぼこ」の紹介をします。
このツールはPSPのゲームセーブデータを改造するツールで、リアルタイムでは改造できません。

■準備するもの■
・FW1.50 or CFWを導入したPSP-1000/2000
LABOKO ver.1.01

■セーブデータ改造方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「LABOKO ver.1.01」をダウンロードして、解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

laboko101
├ PSP/
|├ GAME/
||├ LABOKO/
||└ LABOKO%/
|└ .DS_Store
├ .DS_Store
├ LICENSE.txt
├ memo.txt
└ readme.txt

LABOKO」、「LABOKO%」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  ├ LABOKO/
  └ LABOKO%/

?.らぼこをPSPから起動しセーブデータを改造
1.PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「らぼこ」を起動する。

2.下記の【操作方法】を参考に操作する

操作方法
【初期画面】
UMDゲーム起動
 UMDのゲームを起動する。


セーブデータツール
 セーブデータの改造などを行うためのデータの一覧が表示される。


USBディスクモード
 パソコンにUSBディスクとして選択。


終了
 らぼこを終了してXMBに戻る。

【セーブデータツール】
コード適用
 改造コードをデータに適用。


バックアップ
 ms0:/にバックアップデータを作成、及び 戻す。


復号データをダンプ
 暗号を解除したセーブデータを、PSP上で見たり、改造したりできる。


ファイルに複合化
 セーブデータを複合化して、ms0:/<ディレクトリ名>.binを作成する。


ファイルから暗号化
 ms0:/<ディレクトリ名>.binを暗号化して、セーブデータとして保存する。

【コード適用】
一覧から選択
 一度入力して保存したデータを選べる。


新規コード
 コードを入れて適用するときは、ここから入力。


保存終了
 コードを適用して、その結果を書き込む。


破棄終了
 途中でやめる。



※PSPのセーブデータ改造はゲームごとにコードが必要なので各自で手に入れてください。
[ 2009/01/31 20:16 ] らぼこ | TB(0) | CM(0)

POPSLoader for CFW 3.80 M33  

POPS の再現性はシステムソフトウェアのバージョンによって異なり、必ずしも最新バージョンが良いとは言い切れない部分があります。POPSLoader は、最も再現性の良いシステムソフトウェアバージョンのコアを使用して POPS を起動するための CFW 用プラグインです。3.80 M33 Popsloader のダウンロードは Dark_AleX 氏のオフィシャルサイト ( http://www.dark-alex.org/ ) から。

CFW 3.80 M33-3の更新履歴からもわかりますが、POPSLoader を使用するためには、CFW 3.80 M33-3 以降である必要があります。CFW 3.80 M33-2 以前のバージョンでは動作しません。

POPSLoader for CFW M33 の変更点は 3.80 への対応、version2 での変更点は version1 で スリープできなかったバグの修正です。

■準備するもの■
POPSloader for 3.80M33

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.ダウンロードした 380m33popsloader.rar を解凍すると、次のようなファイルが出てきます。

  380m33popsloader/
    ├ seplugins/
    │  ├ popsloader/
    │  │  └ idcanager_old.prx
    │  ├ pops.txt
    │  └ popsloader.prx
    ├ leeme.txt
    └ readme.txt

2.sepluginsフォルダをメモステのルートディレクトリにコピーします。但し、既に何らかの POPS 用プラグインを使用している場合は、pops.txt の上書きを行わず、既存の ms0:/seplugins/pops.txt へ

ms0:/seplugins/popsloader.prx



と追記して上書き保存します。


3.「RSPsar Dumper」 等を使用して、各バージョンのシステムソフトウェア アップデート用 EBOOT.PBP を Decrypt し、POPS 関連のファイルを適切にリネームした上で ms0:/seplugins/popsloader フォルダにコピーします。

必要なファイルはバージョンごとに異なっており、

3.00?3.03
popsman.prx, meaudio.prx, pops.prx, pafmini.prx

3.10?3.30
popsman.prx, pops.prx, pafmini.prx

3.40?3.72
popsman.prx, pops.prx, pafmini.prx, libpspvmc.prx



が必要です。

4.3.00 の popsman.prx だったら popsman300.prx といったように、それぞれのファイル名の末尾にバージョンナンバーを付加するようにリネームしてから、ms0:/seplugins/popsloader フォルダにコピーします。

?.POPSLoaderを有効にする
1.準備が整ったら、リカバリーモードの plugins のメニューから、

popsloader.prx [POPS]



を Enabled に変更します。

2.POPSLoader を有効にした後、始めて POPS を起動した時にスクリーンショットのようなメニューが現れるので、起動したい POPS コアのバージョンを選択します。

3.次回以降の起動ではメニューは現れなくなり、R ボタンを押しながら POPS を起動した時に限ってメニューが現れます。設定を変更する場合は、R ボタンを押しながら POPS を起動するようにしましょう。
[ 2009/01/31 17:38 ] POPSLoader | TB(0) | CM(0)

gpSPhone 4.0.0リリース 

gpSPhoneが4.0.0になって登場しました。インストールできるのは今のところたぶんベータテスターのみ。
※教えてくださったmaesukeさん、ありがとうございます。

■更新点■

・ROMの読み込み速度の上昇
・グラフィックの強化
・fpsの向上


グラフィックを強化しているようですが1.5.0?2.0.0の時のように綺麗ではないですね。4.0.0には期待していましたが駄目でした。(ですが3.6.5よりも綺麗になっています。)チートは使用できないようになりました。導入手順は以下の通り。

■準備するもの■
・JailbreakしたiPod touch
・GBAのBIOS(biosのMD5がa860e8c0b6d573d191e4ec7db1b1e4f6でないと遊べない)
・iPod touchにSHHを使用してファイルを転送できる状態になっていること(この記事ではwinSCPを使用)
・GBAのROM

※winSCPの使い方が分からない方⇒こちら

■インストール方法■
?.アプリをインストールする
1.Cydiaを起動し、「GAME」 から"gpSPhone"をインストールする

2.GBAのBIOSを"gba_bios.bin"とリネームする。

3.gba_bios.binをwinSCPなどを使って”/private/var/root/Media/ROMs/GBA"に入れる。

4."/private/var/root/Media/ROMs/GBA"にGBAのromを入れる。

?.ゲームをプレイ
1.ホーム画面からgpSPhoneをタップ

2.ROMを選ぶ画面が出るので遊びたいゲームのROMをタッチ

3.「Portrait&Sound」 「Portrait&No Sound」 「Landscape&Sound」 「Landscape&No Sound」と選択する画面がでるので好きなものを選択する。

4.Biosが正しければそのまま遊ぶことができる。

■セーブ方法等■
セーブ方法⇒Windows版こちら Mac版こちら
[ 2009/01/30 20:01 ] gpSPhone (GBA) | TB(0) | CM(0)

1.50 kernel addon for Custom Firmware 3.80 M33 

■追加機能■

・1.50カーネル用のプログラムが起動可能になる


※PSP-1000限定

■準備するもの■
・CFW3.80M33(またはCFW3.80M33-2)導入済みの旧PSP
CFW 3.80 1.50 kernel add-on
・FW1.50のアップデータ

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置

1.「1.50 Kernel addon for 3.80」をダウンロード後、解凍してできた「PSP」フォルダをルートフォルダに上書き保存。

2.次にFW v1.50のアップデートデータ「EBOOT.PBP」を「150.PBP」と名前を変更しメモリースティックのルートフォルダに置く。

?.インストール
1.PSPを起動し、ホームメニュー(XMB)のゲーム→メモリースティックから「1.50 Kernel Addon for 3.80」を起動してください。

2.×ボタンを押すとインストールが開始されます。
(ここで2行ほど英語が出て再起動となると150.PBPの場所が違う,もしくはカーネルの違いの可能性があります。)

3.成功するとDone.と表示され、7秒後に再起動します。
[ 2009/01/25 14:36 ] 1.50 kernel addon | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.80 M33-5 

■追加機能■

・CPUクロック変更機能がゲーム中に動作していなかった不具合を修正。
・ゲーム中にsceKernelLoadExecを使用してリブートするとCPUクロックが変更できなくなっていた不具合を修正。
・リカバリーモードのメニューに、XMBで表示される PIC0.PNG 、 PIC1.PNG を非表示にするオプションを追加。


■準備するもの■
・CFW 3.80 M33(-2/3/4)を導入したPSP-1000/2000
CFW 3.80 M33-5

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置

1.「CFW 3.80 M33-5」をダウンロードして解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

15734_380m33_5/
├ SDK/
UPDATE/
├ leeme.txt
├ nidsresolver_status.txt
└ readme.txt

2.「UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  └ UPDATE/

?.カスタムファームウェアをアップデート
1.PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「3.80 M33-5」を起動する。

2.下記のようなメッセージが表示される。


3.80 M33-5 installer.
Press X to install, R to exit.




3.CFW3.80 M33-5へアップデートを行うのであれば、×ボタンを押す。
アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。

4.下記のようなメッセージが表示され、6秒後に自動でXMBに戻る。


Update complete. Restarting in 6 seconds.


5.PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33-5となっていれば成功!

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード

1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.80M33-5」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.80 M33-5」と表示されていれば成功!

CFW3.80 M33-5を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/25 14:20 ] 3.80 M33-5 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.80 M33-4 

■追加機能■

・FW3.80のPOPSloaderに対応
・「NID Resolver」機能を改良
・PSN NP9660でのプラグインのエラーの修正


■準備するもの■
・CFW 3.80 M33(-2/3)を導入したPSP-1000/2000
CFW 3.80 M33-4

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置

1.「CFW 3.80 M33-4」をダウンロードして解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

15705_380m33_4/
├ SDK/
UPDATE/
├ leeme.txt
├ nidsresolver_status.txt
└ readme.txt

2.「UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  └ UPDATE/

?.カスタムファームウェアをアップデート
1.PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「3.80 M33-4」を起動する。

2.下記のようなメッセージが表示される。

3.80 M33-4 installer.
Press X to install, R to exit.



3.CFW3.80 M33-4へアップデートを行うのであれば、×ボタンを押す。
アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。

4.下記のようなメッセージが表示され、6秒後に自動でXMBに戻る。


Update complete. Restarting in 6 seconds.


5.PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33-4となっていれば成功!

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード

1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.80M33-4」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.80 M33-4」と表示されていれば成功!

CFW3.80 M33-4を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/25 14:09 ] 3.80 M33-4 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.80 M33-3 

■追加機能■

・Sony NP9660 driverにおけるエラー(0x80010013)問題の修正。
・NID Resolverのライブラリ追加。
・3.80用 POPSLoader対応。※3.80M33 及び 3.80M33-2では動作不可。


CFW3.80M33-3以降に対応したPOPSLoaderもリリースされています。

■準備するもの■
・CFW 3.80 M33(-2)を導入したPSP-1000/2000
CFW 3.80 M33-3

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「CFW 3.80 M33-3」をダウンロードして解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

15704_380m33_3/
├ SDK/
UPDATE/
├ leeme.txt
├ nidsresolver_status.txt
└ readme.txt

2.「UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  └ UPDATE/

?.カスタムファームウェアをアップデート
1.PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「3.80 M33-3」を起動する。

2.下記のようなメッセージが表示される。

3.80 M33-3 installer.
Press X to install, R to exit.



3.CFW3.80 M33-3へアップデートを行うのであれば、×ボタンを押す。
アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。

4.下記のようなメッセージが表示され、6秒後に自動でXMBに戻る。

Update complete. Restarting in 6 seconds.



5.PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33-3となっていれば成功!

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード

1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.80M33-3」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.80 M33-3」と表示されていれば成功!

CFW3.80 M33-3を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/24 20:52 ] 3.80 M33-3 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.80 M33-2 

■追加機能■

・NID Resolverのバグを修正。
(scePowerGetClockFrequencyとscePowerGetClockFrequencyIntが同じ動作をしていた)
・PS1のゲームのアイコンが80x80ピクセルだった場合に、ドラキュラのセーブデータのアイコンに変更されてしまうバグを修正。


■準備するもの■
・CFW 3.80 M33を導入したPSP-1000/2000
CFW 3.80 M33-2

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「CFW 3.80 M33-2」をダウンロードして解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

15682_m33update2/
UPDATE/
├ leeme.txt
└ readme.txt

2.「UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  └ UPDATE/

?.カスタムファームウェアをアップデート
1.PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「3.80 M33-2」を起動する。

下記のようなメッセージが表示される。

3.80 M33-2 installer.
Press X to install, R to exit.



2.CFW3.80 M33-2へアップデートを行うのであれば、×ボタンを押す。
アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。

3.下記のようなメッセージが表示され、6秒後に自動でXMBに戻る。

Update complete. Restarting in 6 seconds.



4.PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33-2となっていれば成功!

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード
1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.80M33-2」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.80 M33-2」と表示されていれば成功!

CFW3.80 M33-2を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/24 19:42 ] 3.80 M33-2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.80 M33 

■主な機能■

・ベースとなるファームウェアが3.80。
・flash1フォーマットを行った後に適切なディレクトリを作成する。
・HENコアの変更。
・sigcheckが付いたファイルをユーザーモードよりflashからロード可能となった。
・NID Resolver"を搭載。
・これにより、過去のアプリ・プラグイン等がNIDを気にせずに使える(すべてが使えるわけではない)。
・ネットワークアップデートが出来る



新たに搭載されたNID Resolverについてですが、1.50 ? 3.60のNIDを 3.80用に自動変換して起動できます。
3.71用のNIDは自動変換ができません。

■準備するもの■
・CFW 3.52 M33(-3/4) or 3.71 M33(-2/3/4) を導入したPSP-1000
・もしくは CFW 3.60 M33 or 3.71 M33(-2/3/4) を導入したPSP-2000
CFW 3.80 M33
・FW3.80のアップデート用「EBOOT.PBP」

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「CFW 3.80 M33」をダウンロードして解凍する。

次のようなファイルが出てくる。

15675_380_m33/
UPDATE/
│├ EBOOT.PBP
│└ u235.prx
├ leeme.txt
├ nidsresolver_status.txt
└ readme.txt

2.UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。

「GAME」フォルダ以外に入れると破損データとなってXMBから表示されないので注意。

3.FW3.80のアップデータの「EBOOT.PBP」ファイルを「380.PBP」にリネームし、「UPDATE」フォルダに入れる。

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
 └ GAME/
  └ UPDATE/
   ├ EBOOT.PBP
   ├ u235.prx
   └ 380.PBP

?.カスタムファームウェアをインストール
1.[Game folder homebrew]の設定を1.50カーネルに設定している場合、リカバリーモードから「3.xxKernel」に変更する。

2.XMBから「PSP アップデート ver 3.80」を選択し、起動する。

3.黒い画面が表示され、パッチを当てる場合下記のようなメッセージが表示されるので、×ボタンを押す(不要な場合は4.に進んでよい)。

Some of your idstorage keys have not the correct values, probably due to a downgrader. In order to continue, press X to restore the correct values, press R to exit.


4.下記のようなメッセージが表示される。

Verifying 380.PBP ... OK
Verifying u235.prx... OK



5.「Press X to start the update, R to exit.」と表示される。
CFW3.80 M33へアップデートを行うのであれば、×ボタンを押す。
アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。

6.しばらくすると、公式FW3.80アップデート画面が表示されるので、指示に従ってインストールする。

7.インストール終了後、○ボタンを押してシステムを再起動する。

※この手順を行わず、手動で電源を切ったりするとBrickするので注意。

8.プログラム終了後、PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33となっていれば成功!
[ 2009/01/24 11:35 ] 3.80 M33 | TB(0) | CM(0)

gpSPhone 3.6.5リリース 

昨日久しぶりにCydiaを起動してみたらgpSPhoneが3.6.5にバージョンアップしていました。
更新点は以下の通り

■更新点■

・ROMの読み込み速度の上昇
・グラフィックの強化


グラフィックを強化しているようですが1.5.0?2.0.0の時のように綺麗ではないですね。3.6.5には期待していましたがやっぱり駄目でした。3.0.0からセーブが上書きされず、どんどんセーブデータを作っていってしまうのでそこを改善してほしいですね。settingがなくなってしまったのでチートは使用できません。導入手順は以下の通り。

■準備するもの■
・JailbreakしたiPod touch
・GBAのBIOS(biosのMD5がa860e8c0b6d573d191e4ec7db1b1e4f6でないと遊べない)
・iPod touchにSHHを使用してファイルを転送できる状態になっていること(この記事ではwinSCPを使用)
・GBAのROM

※winSCPの使い方が分からない方⇒こちら

■インストール方法■
?.アプリをインストールする
1.Cydiaを起動し、「GAME」 から"gpSPhone"をインストールする

2.GBAのBIOSを"gba_bios.bin"とリネームする。

3.gba_bios.binをwinSCPなどを使って”/private/var/root/Media/ROMs/GBA"に入れる。

4."/private/var/root/Media/ROMs/GBA"にGBAのromを入れる。

?.ゲームをプレイ
1.ホーム画面からgpSPhoneをタップ

2.ROMを選ぶ画面が出るので遊びたいゲームのROMをタッチ

3.「Portrait&Sound」 「Portrait&No Sound」 「Landscape&Sound」 「Landscape&No Sound」と選択する画面がでるので好きなものを選択する。

4.Biosが正しければそのまま遊ぶことができる。

■セーブ方法等■
セーブ方法⇒Windows版こちら Mac版こちら
[ 2009/01/21 20:54 ] gpSPhone (GBA) | TB(0) | CM(4)

1.50 kernel addon for Custom Firmware 3.90 M33 v2 

■追加機能■

・最新のCFWを使用しつつ普通は削除されている「1.50」の機能を使用可能に。
・これを導入したからといってすべての1.50カーネル用の自作ソフト(EBOOT.PBP)が起動できるとは限らない。


■準備するもの■
・CFW3.90M33を導入したPSP-1000
・FW1.50アップデータ
1.50 Kernel addon for 3.90 v2

※PSP-1000限定

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「1.50 Kernel addon for 3.90 v2」をダウンロード後、解凍してできた「PSP」フォルダをルートフォルダに上書き保存。

2.次にFW v1.50のアップデートデータ「EBOOT.PBP」を「150.PBP」と名前を変更しメモリースティックのルートフォルダに置く。

?.インストール
1.PSPを起動し、ホームメニュー(XMB)のゲーム→メモリースティックから「1.50 Kernel Addon for 3.90 v2」を起動してください。

2.×ボタンを押すとインストールが開始されます。
(ここで2行ほど英語が出て再起動となると150.PBPの場所が違う,もしくはカーネルの違いの可能性があります。)

3.成功するとDone.と表示され、7秒後に再起動します。
[ 2009/01/20 20:26 ] 1.50 kernel addon v2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.90 M33-3 

■追加機能■

・M33 Driverの互換性向上



■準備するもの■
CFW 3.90 M33導入済みの「PSP-1000」または「PSP-2000」
Custom Firmware 3.90 M33-3
・十分に充電されたバッテリー

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「Custom Firmware 3.90 M33-3」をダウンロード後、解凍してできた「UPDATE」フォルダを、メモリースティックのPSP→GAMEに移動します。

?.アップデート
1.PSPを起動し、ホームメニューのGAMEから「PSP アップデート ver 3.90 M33-3」 を実行します。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、6秒後に再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.90 M33-3」と表示されていれば成功です。

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード

1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.90M33-3」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4..アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.90 M33-3」と表示されていれば成功!

CFW3.90 M33-3を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/20 20:15 ] 3.90 M33-3 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.90 M33-2 

■追加機能■

・一部のメモステ使用時にファイルシステムがマウントされないバグ修正
・プラグインの読み込みを高速化
・プラグインのローディングに関するバグ修正
・リカバリーメニューにて「Fake Region」を追加(日本版は既に追加済み)
・(PSP-2000)IPLにBooster氏の「multiiplloader」と「TimeMachine iplloader」パッチを当てることで、NANDからBootで使用可能に



■準備するもの■
CFW 3.90 M33導入済みの「PSP-1000」または「PSP-2000」
Custom Firmware 3.90 M33 update 2
・十分に充電されたバッテリー

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「Custom Firmware 3.90 M33 update 2」をダウンロード後、解凍してできた「UPDATE」フォルダを、メモリースティックのPSP→GAMEに移動します。

?.アップデート
1.PSPを起動し、ホームメニューのGAMEから「PSP アップデート ver 3.90 M33-2」 を実行します。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、6秒後に再起動されます。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.90 M33-2」と表示されていれば成功です。

■ネットワークアップデートでのアップデート方法■
?.アップデータをダウンロード
1.XMBからネットワークアップデートを選択。接続が成功したならアップデータのダウンロードが始まる。

?.アップデート
1.メモリースティックから「PSP アップデート ver 3.90M33-2」を実行。

2.導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
※このときバッテリーの残量が少ない場合は自動的にホームメニューに戻されます。

3.すぐにファイルの入れ替えが終わり、再起動されます。

4..アップデート終了後に本体設定から本体情報を見てシステムソフトウェア バージョン「3.90 M33-2」と表示されていれば成功!

CFW3.90 M33-2を導入後にいろいろ不具合が出る方はFlash1をフォーマットしましょう。ただし治らない場合もあります。
[ 2009/01/20 20:08 ] 3.90 M33-2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 3.90 M33 

■主な機能■

・ベースとなるファームウェアを 3.90 に変更
・M33 No UMDモードの不具合を修正
・FW3.90のアップデータをPSPからDL可能



■準備するもの■
・PSP-1000は「CFW 3.52 M33-3」」以降が導入済みのもの。
・PSP-2000は「CFW 3.60 M33」以降が導入済みのもの。
PSP Custom Firmware 3.90 M33
・FW3.90のアップデータ
・十分充電されたバッテリー

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「PSP Custom Firmware 3.90 M33」をDLし展開。

2.中にある「UPDATE」フォルダをPSPの「GAME」フォルダ(ms0:/PSP/GAME)へ転送。

3.FW3.90のアップデータ「EBOOT.PBP」を「390.PBP」にリネームし、「UPDATE」フォルダ(ms0:/PSP/GAME/UPDATE/)へ転送。

?.カスタムファームウェアをインストール
1.PSPを起動し、ホームメニューのGAMEから「PSP アップデート ver 3.90」 を実行する。
導入を開始する場合はいつも通り×ボタンを押してください。Rボタンでホームメニューに戻ります。
このときバッテリーの残量が78%以下の場合は自動的にホームメニューに戻されます。

2.起動すると「Press x to start the update,R to exit.」と表示されるので×ボタンを押しましょう。

3.SCEJのアップデート画面が出てきますので、指示に従いアップデートを行っていきます。

4.○ボタンを押すと、CFW3.90M33のアップデートが開始される。

5.アップデートは3分前後で終了します。途中で電源を抜いたりするとPSPが破損してしまう恐れがありますので注意してください。

6.○ボタンを押すとPSPが再起動されます。

7.再起動後、最初だけ以下の画面が出る場合がありますが落ち着いて○ボタンを押してください
rogo.jpg
工場出荷時の初期設定画面ですので特に問題ありません。

8.システムソフトウェア バージョン「3.90 M33」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/20 19:07 ] 3.90 M33 | TB(0) | CM(0)

iPod Touch・iPhoneのホーム画面を5×5の25にする 

今回はiPod Touch・iPhonのホーム画面を従来なら4×5の20ですが今回はそれを5×5の25にしてみたいと思います。

200901181645.png
この様にできます。

■準備するもの■
・jailbreakしたiPod Touch・iPhone
Five-Column SpringBoard (0.55 on Page 11)
・MobileSubstrate
・Ruby
・Erica Utilities
・MobileTerminal

※winSCPを使用しますのでまだの方はこちら

200901181720.png 200901181719.png
・MobileSubstrate               ・Ruby   

200901181715.png 200901181716.png
・Erica Utilities                 ・MobileTerminal

4つのユーティリティ・アプリが導入している事を確認します。確認の方法は「Cydia」>「Manage」>「Packages」から確認出来ます。インストールされていない場合は同じく「Cydia」から検索しインストールして下さい。v0.55からRubyは必要なくなりましたが一応入れておいても損はないです。

■インストール方法■
?.ファイルをダウンロードする
1.MacThemes Forum / [MS Extension] Five-Column SpringBoard (0.55 on Page 11)からfcsb-0.55.debをダウンロード。

?.ダウンロードしたファイルを転送
DLした「fcsb-0.54.deb」をSSH(WinSCP等)でiPhoneの

private/var/mobile



内に配置します。(SSH・WinSCP設定はこちら

2.次に先ほど準備で用意した「MobileTerminal」を
ホーム画面から立ち上げ以下の順番でコマンドを打ちます。
(それぞれ打った後returnをタップ)

su root

password: alpine(これは画面上では隠れます)

dpkg -i fcsb-0.55.deb(半角スペースに注意)

終わったら画面長押しで「Exit」で「MobileTerminal」を終了させます。



200901181717.png
この画面になったら成功です

?.再起動
1.最後に「Boss Prefs」から「Respring」します。
(無ければ「Cydia」から検索しインストール)
200901181718.png

200901181645.png
この様になっていれば成功!

■アンインストール■
1.CydiaからFive-Columnで検索しremove。

■アップグレード■
・もしCydiaからリリースされた場合はそのままアップ

・βが新たにリリースされた場合もremoveせずにそのままインストールコマンドを実行。

やはり少し動作が重くなります。メールなどを起動しただけで落ちることがたまにあります。
[ 2009/01/18 17:47 ] ホーム画面改造 | TB(0) | CM(0)

1.50 Custom Firmware - The proof of concept 

Dark_AleX氏によるカスタムファームウェアというアイディアの実証として公開された。
そのアイディアとは、1.50のファームのvshmain.prxを書き換えることによりXMBに様々な変更を加えることが出来るというもの。

■主な機能■

・1.00用のno-kxploited EBOOT.PBPの起動
・1.50用のkxploited EBOOT.PBPをインストール後に表示される破損ファイルを非表示にする
・PSP起動直後に表示されるSCEのロゴを非表示に出来る
・PSP起動後のUMDオートロードを無効化
・Rボタンを押しながらPSPを起動するとRecovery modeになり、
・Flash書き込みが失敗した際等にUpdaterやDowngraderにより復旧が可能
・起動時に任意のプログラムを自動起動させることが出来る
・起動時に任意のモジュールを取り込むことが出来る



■準備するもの■
・CFWが導入されているPSP
・十分充電されたバッテリーと、ACアダプター

?.メモリースティックに各データを配置
1.Dark-Alex - PSP Developerより1.50 Custom Firmware - The proof of conceptをダウンロード

config.txtの設定
先頭の#を削除すると有効化 trueでON falseでOFF

# Set it to true if you want to enable the execution of normal pbp's, no-kxploited
nokxploit = true;

# Set it to true if you want to hide the icons
# Note: if you have a lot of things in the game folder, it could cause a slowdown
hidecorrupt = false;

# Set it to true if you want to skip the $CE logo. In this way you can also skip
# the auto-execution of the umd that so many people hate :)
skiplogo = false;

# Specify a program to autoexecute at startup.
# Example1:
#autoboot = "ms0:/PSP/GAME/IRSHELL/EBOOT.PBP";
# Example2:
#autoboot = "ms0:/PSP/GAME/DEVHOOK/EBOOT.PBP";


#Specify a maximum of 10 modules to load and start at the startup with the vsh.

#loadmodule0 = "ms0:/PSPLINK/psplink.prx"
#loadmodule1 = "blahblah"
#loadmodule2 = "blahblah"
#loadmodule3 = "blahblah"
#loadmodule4 = "blahblah"
#loadmodule5 = "blahblah"
#loadmodule6 = "blahblah"
#loadmodule7 = "blahblah"
#loadmodule8 = "blahblah"
#loadmodule9 = "blahblah"



2.インストール中に電池が無くなるとPSPが二度と機能しなくなる可能性があるのでACアダプタを挿す

?.インストール
1.XMBからCustom Firmware - The proof of conceptを起動

2.自己責任でという下記文章が出るので承諾したら×ボタンを押す

Copying vshmain.prx as vshmain_real.prx.
Copying files to buffers...
Preparation done. Press X to flash the proof of concept at your own risk



3.完了したら自動でXMBに戻る

Recovery mode
Rボタンを押しながらPSPを起動するとRecovery modeになります
機能
PSPとUSBケーブルで接続している場合、STARTボタンを押すとメモリースティックをPCにマウント出来る
△ボタンを押すとflash0からメモリースティックのルートディレクトリにindex.datをコピー
○ボタンを押すとms0:/PSP/GAME/UPDATE/EBOOT.PBPを起動する
HOMEボタンを押すとXMBが立ち上がる
[ 2009/01/18 16:10 ] 1.50 POC | TB(0) | CM(0)

iPod Touch・iPhoneでGBをプレイ(gameboy4ihone)  

■準備するもの■
・JailbreakしたiPod touch
・iPod touchにSHHを使用してファイルを転送できる状態になっていること(この記事ではwinSCPを使用)
・GBのROM

※winSCPの使い方が分からない方⇒こちら

■インストール方法■
?アプリをインストールする
1.Installer.appを起動し、「GAME」 から"gameboy4iphone"をインストールする

?.ゲームのROMを入れる
1.winSCPなどを使って「/private/var/mobile/Media/ROMs/GAMEBOY/」にGB/GBCのROMファイルをコピーします。

?.ゲームをプレイ
1.ホーム画面からgameboy4iphoneをタップ

2.ROMを選ぶ画面が出るので遊びたいゲームのROMをタッチ

3.遊ぶことできれば成功!

■動作画面■
200901181459.png

■セーブ方法等■
セーブ方法⇒Windows版こちら Mac版こちら

チート(改造コード)の使用法⇒こちら
[ 2009/01/18 14:50 ] gameboy4iphone (GB) | TB(0) | CM(0)

iPod Touch・iPhoneのエミュレーターのセーブ方法 「Windows版」 

■WindowsのFileZillaを使っている場合■
1.パーミッションを変えたいファイルを左クリック。

2.ファイルの属性を選択。

3.数値を入力するところに755を入力。

4.入力し終わったら了解をクリック。

200901171259.jpg

■winSCPを使っている場合■
1.パーミッションを変えたいファイルを右クリック。

2.プロパティをクリック。

3.以下のような画面が出るので8進数(C)の横に0755と入力する。
200901171325.png
これでセーブができるようになると思います。
[ 2009/01/17 16:40 ] セーブ方法 | TB(0) | CM(1)

winSCPの使い方 

iPod Touch・iPhoneでファイルを転送することができるwinSCPの解説

■準備するもの■
・JailbreakしたiPod touch・iPhone
WinSCP

■解説・使用方法■
?.winSCPをダウンロード・解凍
1.winSCPのサイトからwinSCPをダウンロード「Installation package」をクリックしてダウンロード。

2.ダウンロードしたwinSCPを解凍ソフトで解凍する。

?.インストール
1.ダウンロードした winscp342setupintl.exe を起動するとインストールが始まります。

2.言語を選択。通常は「Japanese」。

3.「次へ」を押して先に進みます。

4.使用許諾です。「同意する」にチェックをして「次へ」を押します。

5.インストール先の選択です。通常はそのままで良いでしょう。「次へ」を押して先に進みます。

6.インストールオプションの選択です。RSA鍵をまだ作っていないなら、PuTTYgenをここでインストールしておくと便利です。Pagentもあれば便利ですが必須ではありません。通常は「全てインストール」 で構いません。「次へ」を押して先に進みます。

7.スタートメニューに表示される名前を決めます。下の「プログラムグループを作成しない」にチェックを入れるとスタートメニューには現れなくなります。通常はこのままで構いません。「次へ」を押して先に進みます。

8.オプションの選択です。どれも後で変更できるので、「次へ」を押して先に進みます。

9.ユーザーインターフェースの選択です。後で変更できるので深く気にする必要はありません。「次へ」を押して先に進みます。

10.インストールオプションの最終確認です。これまでの設定で良ければ「インストール」を押します。

?.ログインアカウント作成
wisSCP.png

Host name
接続するサーバーを記入します。hoge.comのようなドメインでもIPアドレスでもOKです。
ここでは「設定」→「Wi-Fi」→「Wi-Fiネットワーク」から見れるIPアドレスを入力。

Port number
使用するポートです。サーバーの設定にあわせます。通常は22です。

User name
接続するユーザー名です。rootと入力

Password
RSA認証では使用しません。パスワード認証の場合にはパスワードを入力します。
ここでは「alpine」と入力

Private key file
RSA認証で使用する秘密鍵を指定します。鍵の作り方は4.秘密鍵・公開鍵の作成を参考にしてください。

Advanced options
チェックするとオプション設定がいくつか表示されます。通常はチェックしなくても構いません。

Protocol
WinSCP3ではSFTPがサポートされましたが、通常はSCPで構いません。

1.入力し終わったあとはSaveを押す。そのあとLoginを押す

■接続ができない場合■
もし、Loginをクリックしても接続ができない場合はSSHサーバーを開けていない可能性があります。それでは、そのSHHサーバーを開ける方法を紹介します。
?installer.appを起動し、System→OpenSSHをインストールする。
これでSSHは開いている状態になるのですが、これはずっと開けていると少し危険なものなので、Utilities→Servicesというのをインストールします。このServicesはWifiやSSHを簡単にon,offにできる便利なアプリなので導入しておくべきでしょう。
[ 2009/01/14 21:01 ] winSCPの使い方 | TB(0) | CM(0)

iPod Touch・iPhoneのエミュレーターのセーブ方法 「Mac版」 

/private/var/mobile/Mediaの中にあるROMsのフォルダとその中にあるファイル全てのファイルの属性を755に変更するだけ。

■MacのCyberduckを使っている場合■
1.変えたいファイルを左クリック。
(MacBookなどのノートパソコンを使っている場合controlを押しながらクリック。

2.情報を選択。

3.アクセス権の欄のチェックボックスに全てチェックを入れる。

4.適用をクリック。
(上の用に、フォルダとその中にあるファイル全てのファイルの属性を変える場合
[内包している項目にも適用する]にチェックを入れれば楽にできます。

200901171255.png
上記の絵は777になっていますが本当は755です
[ 2009/01/12 19:02 ] セーブ方法 | TB(0) | CM(0)

iPod Touch・iPhoneでGBAをプレイ(gpSPhone) 

■準備するもの■
・JailbreakしたiPod touch
・GBAのBIOS(biosのMD5がa860e8c0b6d573d191e4ec7db1b1e4f6でないと遊べない)
・iPod touchにSHHを使用してファイルを転送できる状態になっていること(この記事ではwinSCPを使用)
・GBAのROM

※winSCPの使い方が分からない方⇒こちら

■インストール方法■
?アプリをインストールする
1.Installer.appを起動し、「GAME」 から"gpSPhone"をインストールする

2.GBAのBIOSを"gba_bios.bin"とリネームする。

3.gba_bios.binをwinSCPなどを使って”/Applications/gpSPhone.app"に入れる。

?.ゲームをプレイ
1.ホーム画面からgpSPhoneをタップ

2.ROMを選ぶ画面が出るので遊びたいゲームのROMをタッチ

3.Biosが正しければそのまま遊ぶことができる。

■動作画面■
IMG_0008.png

■セーブ方法等■
セーブ方法⇒Windows版こちら Mac版こちら

チート(改造コード)の使用法⇒こちら
[ 2009/01/12 17:06 ] gpSPhone (GBA) | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 1.50 IE-B Update 2 

■主な機能■

・破損データを隠す。
・ソニーのロゴをスキップする 。
・XMBをカスタマイズすることができる。



■準備するもの■
Custom Firmware 1.5 IE B Update 2
・自作アプリが起動できるPSP

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.まずCustom Firmware 1.5 IE B Update 2をダウンロードし、解凍する。

2.解凍して出来たフォルダ内の「PSP」フォルダをそのままルート上にコピーする。

3.PSPを十分に充電し、ACアダプタを接続しておく。

?.アップデート
1.メモリースティックからIEFlasher KXPloit Boot by PSP-DEV Teamを起動する。

2.フラッシュの書き換えが始まるので、電源を落とさずにしばらく放置。メモリースティックの種類のよっては書き換えに時間がかかります。

3.書き換えが終了し、再起動する。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見て システムソフトウェア バージョン「1.50 IE-B」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/12 15:57 ] 1.50 IE-B Update2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 1.62 IE-B Update2 

■追加機能■

・破損アイコンの非表示
・ソニイロゴのスキップ
・1.00用EBOOTの起動
・モヂュールの起動
二つのリカバリーモード



■準備するもの■
Custom Firmware 1.62 IE-B Update2
・自作アプリが起動できるPSP

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.まずbecus25's Custom Firmware 1.62 IE A Update1をダウンロードし、解凍する。

2.解凍して出来たフォルダ内の「PSP」フォルダをそのままルート上にコピーする。

3.PSPを十分に充電し、ACアダプタを接続しておく。

?.アップデート
1.メモリースティックからIEFlasher KXPloit Boot by PSP-DEV Teamを起動する。

2.フラッシュの書き換えが始まるので、電源を落とさずにしばらく放置。メモリースティックの種類のよっては書き換えに時間がかかります。

3.書き換えが終了し、再起動する。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見て システムソフトウェア バージョン「1.62 IE-B」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/12 14:32 ] 1.62 IE-B Update2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 1.62 IE-B Update1  

■主な機能■

・バグ修正
・リカバリーモードでのスピードアップ



■準備するもの■
Custom Firmware 1.62 IE-B Update1
・自作アプリが起動できるPSP

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.まずbecus25's Custom Firmware 1.62 IE A Update1をダウンロードし、解凍する。

2.解凍して出来たフォルダ内の「PSP」フォルダをそのままルート上にコピーする。

3.PSPを十分に充電し、ACアダプタを接続しておく。

?.アップデート
1.XMB上から「IEFLASHER」を選択し、起動。

2.フラッシュの書き換えが始まるので、電源を落とさずにしばらく放置。メモリースティックの種類のよっては書き換えに時間がかかります。

3.書き換えが終了し、再起動する。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見て システムソフトウェア バージョン「1.62 IE A」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/12 14:11 ] 1.62 IE-B Update1 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 1.62 IE-A Update2 

■追加機能■

・破損アイコンの非表示
・ソニイロゴのスキップ
・1.00用EBOOTの起動k
・モヂュールの起動
・二つのリカバリーモード



■準備するもの■
Custom Firmware 1.62 IE A Update2
・自作アプリが起動できるPSP

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.Custom Firmware 1.62 IE A Update2をダウンロードし、解凍。

2.解凍して出来たフォルダ内の「PSP」フォルダをそのままルート上にコピーする。

3.PSPを十分に充電し、ACアダプタを接続しておく。

?.アップデート
1.XMB上から「IEFLASHER」を選択し、起動。

2.フラッシュの書き換えが始まるので、電源を落とさずにしばらく放置。メモリースティックの種類のよっては書き換えに時間がかかります。

3.書き換えが終了し、再起動する。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見て システムソフトウェア バージョン「1.62 IE A」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/10 18:46 ] 1.62 IE-A Update2 | TB(0) | CM(0)

Custom Firmware 1.62 IE-A Update1 

現在の主流であるDark Alex氏のカスタムファームウェア(以下:CFW)ではなく、becus25氏の製作したCFWのCustom Firmware 1.62 Increasing Edition Aです。
このCFWはv1.50ベースで主に以下の機能があります。

■主な機能■

・破損ファイルの非表示
・起動ロゴのスキップ機能
・分割せずとも、自作ソフトを起動出来る
・モジュールファイルを起動出来る
・リカバリーメニューを2つ用意している(起動できない場合などは片方が起動する)
・XMBからCPU速度を変更出来る
・破損したフラッシュからの復帰することが出来る。
・USB接続機能
・XMBカスタマイズ機能



リカバリーモードが2つあるのが特徴みたいです。

■準備するもの■
becus25's Custom Firmware 1.62 IE A Update1
・自作アプリが起動できるPSP

■アップデート方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.まずbecus25's Custom Firmware 1.62 IE A Update1をダウンロードし、解凍する。

2.解凍して出来たフォルダ内の「PSP」フォルダをそのままルート上にコピーする。他の3つのテキストファイルは必要なし。

3.PSPを十分に充電し、ACアダプタを接続しておく。

?.アップデート
1.XMB上から「IEFLASHER」を選択し、起動。

2.フラッシュの書き換えが始まるので、電源を落とさずにしばらく放置。メモリースティックの種類のよっては書き換えに時間がかかります。

3.書き換えが終了し、再起動する。

4.アップデート終了後に本体設定から本体情報を見て システムソフトウェア バージョン「1.62 IE A」と表示されていれば成功!
[ 2009/01/10 17:28 ] 1.62 IE-A Update1 | TB(0) | CM(0)

メモリースティックPRO、最大2Tバイトに 

「メモリースティックPRO」の拡張規格として、容量を最大2Tバイトに拡大した「メモリースティック高容量向け拡張フォーマット」をソニーと米SanDiskが開発した。

ソニーと米SanDiskは1月8日、「メモリースティックPRO」の拡張規格として、容量を最大2Tバイトに拡大した「メモリースティック高容量向け拡張フォーマット」を開発したと発表した。今年中にライセンスを始める。メモリースティックPROの最大容量は32Gバイト「しかしSDHCを使った場合のみ」だったが、拡張フォーマットは約60倍に拡大。従来品と同様、著作権保護技術「マジックゲート」「アクセスコントロール技術」に対応する予定。高速規格「メモリースティックPRO-HG」や小型の「メモリースティックMicro(マイクロ)」にも対応する。また、メモリースティックMicroを拡張し、転送速度を従来比3倍に高めた「メモリースティックHG Micro」も発表した。今年中にライセンスを始める。インタフェースを8ビットパラレルに拡張し、クロック周波数を60MHzに高速化。最大転送速度はメモリースティックPRO-HGと同等の480Mbps(60Mバイト/秒、理論値)に高速化した。HG Microも高容量向け拡張フォーマットに対応する。

メモリースティックは1998年9月に商品化。今年中に累計出荷数5億枚を超える見通しだ。

SDメモリーカードの規格団体SD Associationも同日、容量を最大2Tバイトに拡張したSDカードの新規格「SDXC」の仕様を策定したと発表した。

とのことです、それにしても次は32Gのメモリースティックを発売すると思っていましたがまさか、2Tバイトだとは、最近の技術も進化したということを思わされますね。
2TBということはISOデータを1000個以上一枚のメモリースティックに詰めることができますね。しかし、それに伴って値段はどうなるのでしょうか?軽く5万を越しそうな気がしますね
[ 2009/01/10 15:45 ] Sony | TB(0) | CM(0)

1.50 kernel addon for Custom Firmware 3.90 M33 

■追加機能■

・最新のCFWを使用しつつ普通は削除されている「1.50」の機能を使用可能に。
・これを導入したからといってすべての1.50カーネル用の自作ソフト(EBOOT.PBP)が起動できるとは限らない。


■準備するもの■
・CFW3.90M33を導入したPSP-1000
・FW1.50アップデータ
1.50 Kernel addon for 3.90

※PSP-1000限定

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「1.50 Kernel addon for 3.90」をダウンロード後、解凍してできた「PSP」フォルダをルートフォルダに上書き保存。

2.次にFW v1.50のアップデートデータ「EBOOT.PBP」を「150.PBP」と名前を変更しメモリースティックのルートフォルダに置く。

?.インストール
1.PSPを起動し、ホームメニュー(XMB)のゲーム→メモリースティックから「1.50 Kernel Addon for 3.90」を起動してください。

2.×ボタンを押すとインストールが開始されます。
(ここで2行ほど英語が出て再起動となると150.PBPの場所が違う,もしくはカーネルの違いの可能性があります。)

3.成功するとDone.と表示され、7秒後に再起動します。
[ 2009/01/07 19:23 ] 1.50 kernel addon | TB(0) | CM(0)

1.50 kernel addon for Custom Firmware 4.01 M33 

カスタムファームウェアCFW4.01 M33の1.50カーネルアドオン「1.50 Addon for 4.01 M33」がリリースされています。

■追加機能■

・最新のCFWを使用しつつ普通は削除されている「1.50」の機能を使用可能に。
・これを導入したからといってすべての1.50カーネル用の自作ソフト(EBOOT.PBP)が起動できるとは限らない。
・PSPのメモリ使用容量が限界のため、「ロケーションフリープレイヤー」と「韓国語フォント」が削除される。


※PSP-1000限定

■準備するもの■
・CFW4.01 M33が導入されているPSP
・公式ファームウェア v1.50のアップデートデータ
・十分に充電されたバッテリーと、ACアダプター
1.50 Addon for 4.01 M33

■インストール方法■
?.メモリースティックに各データを配置
1.「1.50 Addon for 4.01 M33」をダウンロード後、解凍してできた「150k_installer」フォルダをPSP→GAMEに移動。

2.FW v1.50のアップデートデータ「EBOOT.PBP」を「150.PBP」と名前を変更しメモリースティックのルートフォルダに置きます。

?.インストール
1.PSPを起動し、ホームメニュー(XMB)のゲーム→メモリースティックから「1.50 Kernel Addon for 4.01」を起動してください。ここで、×ボタンを押すとインストールが開始されます。
(ここで2行ほど英語が出て再起動となると150.PBPの場所が違う,もしくはカーネルの違いの可能性があります。)

2.成功するとDone.と表示され、7秒後に再起動します。
[ 2009/01/07 19:10 ] 1.50 kernel addon | TB(0) | CM(2)
FC2カウンター
iPod・iPhone情報

◆激安情報関連
└◇ゲーム本体・ソフト


◆iPod Touch・iPhone jailbreak
├◇iPod・iPhone 1.1.1 jailbreak
├◇iPod・iPhone 1.1.2 jailbreak
├◇iPod・iPhone 1.1.3 jailbreak
├◇iPod・iPhone 1.1.4 jailbreak
├◇iPod・iPhone 1.1.5 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.0 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.0.1 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.0.2 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.1 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.2 jailbreak
├◇iPod・iPhone 2.2.1 jailbreak
└◇iPod・iPhone 3.0 jailbreak

◆iPod・iPhoneダウングレード
└◇iPod・iPhone FWダウングレード

◆アプリケーション・周辺機
├◇ホーム画面改造
├◇リポジトリ追加
├◇非公式周辺機器
├◇非公式アプリ
├◇公式アプリ
├◇winSCPの使い方
└◇Cyadia Storeでのアプリ購入方法


◆ゲームボーイアドバンス
└◇gpSPhone (GBA)

◆ゲームボーイ
└◇gameboy4iphone (GB)

◆PCエンジン
└◇Temper4iphone (PCエンジン)

◆スーパーファミコン
└◇snes4iphone (SNES)

◆ファミコン
└◇NES (ファミコン)

◆プレイステーション
└◇psx4iphone (PS)

◆アーケードゲーム
└◇mame4iphone (mame)

◆メガドライブ
└◇genesis4iphone (genesis)

◆エミュレーターセーブ法
└◇セーブ方法


◆iPhone関連
├◇iPhone
└◇iPhone nano
PSP情報

◆PSP Firmware ダウングレード
├◇全FW/壊れたPSP → FW1.50
|◆Firmware 3.50 downgrade
|├◇全世界版 by N00bz
|├◇日本語版 by N00bz
|├◇日本語版 by 0okm
|└◇北米・欧米版
├◇FW3.11 → 1.50
├◇FW3.03 → 1.50
├◇FW2.80 → 1.50
├◇FW2.71 → 1.50
├◇FW2.50 → 1.50
├◇FW2.0/2.60 → 1.50
├◇CFW3.71 M33 → 1.50
└◇CFW → FW1.50


◆Custom Firmware情報
└◇CFW開発関連情報


◆Custom Firmware M33系◆
◆Custom Firmware 5.03 M33シリーズ
└◇5.03 M33

◆Custom Firmware 5.00 M33シリーズ
├◇5.00 M33
|└◇1.50 kernel addon
├◇5.00 M33-2
├◇5.00 M33-3
├◇5.00 M33-4
├◇5.00 M33-5
└◇5.00 M33-6

◆Custom Firmware 4.01 M33シリーズ
├◇4.01 M33
|└◇1.50 kernel addon
└◇4.01 M33-2

◆Custom Firmware 3.90 M33シリーズ
├◇3.90 M33
|├◇1.50 kernel addon
|└◇1.50 kernel addon v2
├◇3.90M33‐2
└◇3.90M33‐3

◆Custom Firmware 3.80 M33シリーズ
├◇3.80M33
|└◇1.50 kernel addon
├◇3.80M33‐2
├◇3.80M33‐3
├◇3.80M33‐4
├◇3.80M33‐5
├◇POPSLoader
└◇POPSLoader v2

◆Custom Firmware 3.71 M33シリーズ
├◇3.71 M33
├◇1.50 kernel addon
├◇3.71 M33-2
├◇3.71 M33-3
├◇3.71 M33-4
├◇POPSLoader
└◇POPSLoader v2

◆Custom Firmware 3.60 M33シリーズ
└◇3.60 M33

◆Custom Firmware 3.52 M33シリーズ
├◇3.52 M33
├◇3.52 M33-2
├◇3.52 M33-3
└◇3.52 M33-4

◆Custom Firmware 3.51 M33シリーズ
├◇3.51 M33
├◇3.51 M33-2 (WLAN Fix)
├◇3.51 M33-3 (No-UMD)
├◇3.51 M33-4
├◇3.51 M33-5
├◇3.51 M33-6
└◇3.51 M33-7

◆Custom Firmware OE系◆
◆Custom Firmware 3.40 OEシリーズ
└◇3.40 OE-A

◆Custom Firmware 3.30 OEシリーズ
├◇3.30 OE-A
└◇3.30 OE-A2(OE-A')

◆Custom Firmware 3.10 OEシリーズ
├◇3.10 OE-A
└◇3.10 OE-A2(OE-A')

◆Custom Firmware 3.03 OEシリーズ
├◇3.03 OE-A
├◇3.03 OE-A2(OE-A')
├◇3.03 OE-B
└◇3.03 OE-C

◆Custom Firmware 3.02 OEシリーズ
├◇3.02 OE-A
└◇3.02 OE-B

◆Custom Firmware GEN系◆
◆Custom Firmware 5.50 GENシリーズ
├◇5.50 GEN-A
├◇5.50 GEN-A build4
├◇5.50 GEN-B
├◇5.50 GEN-B2
├◇5.50 GEN-C
├◇5.50 GEN-D
└◇5.50 GEN-D2

◆Custom Firmware 5.03 GENシリーズ
├◇5.03 GEN-B
|└◇Sedna for CFW 5.03 GEN-A/B
└◇5.03 GEN-B
  └◇Sedna for CFW 5.03 GEN-A/B

◆Custom Firmware 5.02 GENシリーズ
└◇5.02 GEN-A
  └◇1.50 kernel addon

◆Custom Firmware OME系◆
◆Custom Firmware 5.02 OMEシリーズ
└◇5.02 OME

◆Custom Firmware TDP系◆
◆Custom Firmware 5.03 TDPシリーズ └◇5.03 TDP

◆Custom Firmware 4.05 TDPシリーズ
└◇4.05 TDP-2

◆Custom Firmware HX系◆
◆Custom Firmware 3.73 HXシリーズ └◇3.73 HX-1
  └◇1.50 kernel addon

◆Custom Firmware 3.72 HXシリーズ
├◇3.72 HX-1
|└◇1.50 kernel addon
└◇3.72 HX-2

◆Custom Firmware IE系◆
◆Custom Firmware 1.62 IEシリーズ
├◇1.62 IE-A Update1
├◇1.62 IE-A Update2
├◇1.62 IE-B Update1
└◇1.62 IE-B Update2

◆Custom Firmware 1.50 IEシリーズ
└◇1.50 IE-B Update2


◆ゲームボーイアドバンス
└◇Unofficial gpSP kai (GBA)

◆ニンテドー64
└◇Daedalus (N64)


◆セーブデータ改造
├◇らぼこ
└◇CWCheat

◆CWCheatコード
└◇CWCheatコード

◆Universal Unbricker
├◇Universal Unbricker v2
├◇Universal Unbricker v3
├◇Universal Unbricker v4
├◇Universal Unbricker v5
├◇Universal Unbricker v6
├◇Universal Unbricker v7
└◇Universal Unbricker v8

◆動画サイト観覧アプリ
└◇PSPTube
お小遣い稼ぎ
◆クリック収入型アフィリエイト
└◇マイクロアド【MicroAd】

◆ポイントサイト
├◇Point Pay
├◇Point dream
├◇げん玉
├◇Get Money
└◇ポイントハンター
パソコン関連
◆NECデスクトップパソコン
└◇LaVie Light LUIモデル

◆パソコン周辺機器(マウス)
└◇コードレスマウス
メモリースティック情報
◆メモリースティック情報
├◇SanDisk
└◇Sony
ROMサイト紹介
◆ロシアROMサイト
└◇Emu-Land.net
ゲームハード&ソフト情報
◆PSP情報
├◇PSPソフトウェアアップデート
├◇PSP情報
├◇PSPソフト情報
└◇PSP Go情報

◆PS3情報
├◇PS3情報
└◇PS3ソフト情報

◆DS情報
├◇DS情報
└◇DSソフト情報

◆Wii情報
├◇Wii報
└◇Wiiソフト情報
OS・ブラウザ関連
◆OS(オペレーションシステム)
└◇Windows 7

◆インターネットブラウザ
└◇Operaブラウザ
PSPゲームレビュー・裏情報関連
◆PSPゲームレビュー裏情報
└◇PSPソフト・本体
音楽CD
◆ロック
└◇GACKT
週刊誌・月刊誌情報
◆月刊マンガ
└◇Vジャンプ
その他
◆その他・雑記
└◇その他
最新トラックバック
Google Ring
検索したキーワードを使ってgoogle検索した結果が表示されます。
powered by syany
楽天ジャンル別商品ランキング

情報屋総合サイト
Now Loading...

ニー屋 ~腕時計通販ショップ~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。